任意整理をした後で次に借り入れが解禁(可能)になるのはいつ?

任意整理をした後で次に

いよいよ借金で首が回らなくなった状況になると、解決策として候補に挙げられるのが債務整理です。

その中でも任意整理は、裁判所を通さずに債権者との示談で対応することができることから比較的ハードルも低く、借金問題を解決しやすい方法になります。

交渉が上手くいけば返済の負担がかなり軽減でき、完済も現実的なものになるでしょう。

とはいえ、全くデメリットがないはありません。
任意整理後は新たな借り入れができなくなり、解禁までしばらくの間はまとまったお金を用意しにくくなります。

家庭があればなおのこと、住宅や車の購入、教育ローンも利用できなくなるため、いざという時に不便を強いられることを考慮しなければなりません。
では、具体的に任意整理後いつまで借り入れができなくなるのか、いつ解禁になるのか、詳しくご説明していきましょう。

完済後5年間を目安に新たな借り入れができなくなる

一般的には、任意整理を行って完済をした後は5年程度新しい借り入れが不可能になります。
なので、解禁は5年以上経った後と見ておいてください。

その間は新しくクレジットカードを作ることもできなくなりますし、携帯電話を購入する時も機種代金を一括で支払うしかなくなります。

この理由が、債務整理を行うことでいわゆるブラックリストへの掲載を避けることができないというところにあるのです。

信用情報機関にはクレジットカードを作ったりローンを組むことで顧客の情報が登録されます。
もちろん、返済が滞ったり借金を整理した事故情報も載ってしまいますので、各業者がその情報を見て融資を渋り、ローン組みを断ることになるのです。

ただ、この情報は永遠に掲載され続けるわけではなく、一定期間を過ぎると抹消されてクリアな状態になります。
この期間が大体5年間なのです。

解除後は新しいクレジットカードの保有も金融業者からの借り入れもでき、各種ローンも組めるようになります。
その点を踏まえて、任意整理に臨むようにしましょう。

信用情報は情報照会することも可能

任意整理後、新たに借り入れが解禁になるまで明確に5年とされていないのはなぜでしょうか?

それは、事故情報が掲載される信用情報機関にいくつかの種類があるからです。

銀行、クレジットカード会社、そして消費者金融業者がそれぞれ保有している情報があり、共有されているわけではありません。
つまり、1つの情報機関で事故情報がクリアになっても他の情報機関には残っていることがあるので、正確に5年で全て抹消されると表記できないのです。

ただこの信用情報は情報照会をすることができます。
もし5年経っても抹消されていないかもしれない、そうした不安がある場合には、任意整理を相談した弁護士事務所に今一度相談してみるのがおすすめです。

一定期間経過後も消えていないようであれば、抹消請求もできますので安心してください。

ブラックリスト掲載中も借り入れできる方法はある

ブラックリスト掲載中

任意整理を行ったらしばらく借り入れができない、解禁までまとまったお金は作れない、そう考えるのが一般的です。

実際に審査が非常に厳しくなって難しくなります。
もちろん、債務整理が必要になるほど深刻な借金状況に陥った点を反省し、新たに借り入れをしない自制心を持つことは必要です。

しかし正確にいえば、ブラックリスト掲載中の約5年の期間は絶対に借り入れができない、ローンが組めないということではありません。

大抵の業者は事故を起こした人に対してネガティブな印象を持ちますので、申し込んでも高確率で審査落ちするということです。
だからこそ、万が一お金が必要になった時には、借り入れをする手段が全くないというわけではありません。

貸金業者の中にはきちんと法に則って、多重債務者やブラックリスト掲載者を対象に営業を行っているところもあります。
違法な貸し付けをしていない業者であることを念入りに調べ、再び雪だるま式に借金を重ねないようにくれぐれも注意をする必要はあるでしょう。

ですが、どうしてもまとまったお金が必要になり借りる以外の手段が見つからない時には、そういう業者もあると知っておけば保険になります。

国の貸付制度を積極的に利用しよう

任意整理後、借り入れが解禁になるまで何かと不便な生活を送ることになります。

自分1人だけではなく、家族がいればいろいろ影響も出てくるでしょう。
一定期間の我慢ですが、任意整理後返済にも手一杯で生活がカツカツになってしまった、そんなどうしようもない時には、国の制度も積極的に利用するのがおすすめです。

生活保護だけではなく、緊急小口資金や総合支援資金といった生活福祉資金貸付制度なら、一定条件をクリアすればお金を借りられます。

自分がその条件に当てはまっているのか確認したい場合、各地域の社会福祉協議会で相談をすることができるので、困った時には足を運んでみましょう。

まとめ

任意整理後に借り入れができ

任意整理後に借り入れができなくなるのは一定期間だけのことですし、その期間も一括支払いであれば高価なものが買えます。

まとまったお金を作る方法が全くないわけでもありません。
今後の不便さに不安になるでしょうが、まずは今の借金をどう整理して完済を目指すか、ここが何よりも重要です。

自分のため、大切な家族のためにも目の前の問題を解決して、苦しい状況から抜け出しましょう。

この記事を書いた人

ペンネーム:松子
プロフィール:クレジットカードの現金化、即日融資が可能な消費者金融業者、お金を用意する手段が身近で手軽だからこそ起こりがちな金銭、借金トラブル。借金に苦しんだ身内のための情報収集と、同じように悩んでいるかたへの提供に努めています。

→ 任意整理の無料相談ができる弁護士・司法書士はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました