友人など個人間融資でも債務整理ってできる?業者を介さない借金を整理する

借金の返済に首が回らなくなってしまった時、頼りたいのが法の専門家です。

債務整理を行うことで借金の減額、将来利息の免除などで完済を目指したり、自己破産で借金をOにするなどさまざまな対策ができます。

ですが、個人間融資、つまり消費者金融業者やカード会社などの業者を通さない個人のお金のやり取りで、果たして債務整理はできるものなのでしょうか。

友人から借りたお金の返済を要求されている、ネットの個人間融資の掲示板に飛びついてしまった、そうしたトラブルは珍しくありません。
もし専門家に間に入ってもらい、解決のお手伝いをしてもらうことができればとても頼りになります。

個人間融資でも問題なく債務整理が可能です

個人間でのお金のやり取りの場合、どんなに苦しい状況になっても自分だけでどうにかしようというかたが多く見られます。

しかし、1人で解決が難しいことを抱え込むのであれば、弁護士などにどんどん相談をしてください。

弁護士費用も馬鹿にならないだろうと躊躇するかたもいるでしょうが、それよりもまずは目の前の借金問題をどうにかすることが先決です。
個人間融資でも債務整理はできるので安心しましょう。

それに、弁護士費用も相談料や着手金無料、分割払いなどにも対応している債務整理に強い事務所なら費用を抑えることができます。

ただ、業者からの借金とは少々性質が異なってきますので注意は必要です。
個人間の場合はお金の貸し主と借り主との間に弁護士が介入して交渉を行い、問題の解決を目指すことになります。

返済期間の延期、減額、自己破産を行って借金返済自体を免除してもらう、いろいろな方法がありますので、まずは専門家にアドバイスをもらいに行ってください。

借用書や契約書がなくても借金には返済義務がある

返せなくなってしまったものをどうにか返済しようという気持ちが何よりも大切です。

たとえ貸し借りを行った際に借用書や契約書を交わしていなかったとしても、お金を返すという口約束や走り書きのようなメモがあれば法的に返済義務があります。

何よりも、一番やってはいけないのは踏み倒しです。
相手に迷惑がかかってしまいますし、逆に裁判を起こされてしまったら大事になってしまいます。

相手の理解を得ることが何よりも大切になりますが、何もせずに返済もしないのが一番の悪手です。
話し合いが平行線になってしまうようであれば、早い段階で弁護士に間に立ってもらって双方冷静になり、借り主は全額返済を目指せるように努力をしましょう。

個人間融資による債務整理の特徴

個人間融資でも任意整理や個人再生、自己破産などが選べます。

その点は、消費者金融業者や金融機関、カード会社への支払いが滞った際に行う債務整理と同様です。

ただ、裁判所を通す個人再生か自己破産が行われることが多いです。
理由は、貸し主との示談がこじれるケースが多いためです。

そして、業者からの借金による債務整理との大きな違いは、弁護士が代理人として介入した後にストップする取り立てや借り主との直接交渉が禁止されない点にあります。

業者に対してであれば、弁護士に委任した時点で催促や督促を止めなければならないことが貸金業法で決められているのですが、個人間だとそれが適用されないのです。

ですから、弁護士に依頼をして間に入ってもらったとしても、貸し主がコンタクトを取ってくることもありますし、しつこく返済を催促することも覚悟しなければなりません。

いずれにしても、借りたお金を返せない状況にした借り主に非がありますし、信頼を裏切ってしまった時点である程度の責めは覚悟しておいてださい。

個人間融資にも時効が決められている

個人間の借金にも、業者からの借金のように時効があることを覚えておきましょう。

業者からの借金の場合には5年になりますが、個人間融資だと民法で決められた10年です。

返済期日の翌日から時効が進行していくことになり、その10年後に時効を迎えます。
返済期日を決めていない場合にはお金を借りた翌日から時効が進行しますが、ただ、時効を迎えたからといっても借金が消滅するわけではないので気をつけてください。

時効が成立したことを相手に伝える、時効の援用というものを行わなければならず、内容証明郵便などで時効の成立を相手に伝えなければならないのです。
つまり、時効になっても借り逃げしてフェードアウトはできません。

そして、10年という長い期間に貸し主が何のアクションも起こさないことは稀です。
時効が中断する場合もあります。

だからこそ、個人間融資でも債務整理ができることが安心なのです。
早い段階でこちらから手を打って、問題解決に前向きな姿勢を見せておくことが得策になります。

まとめ

個人間融資であっても業者

個人間融資であっても業者からの借金のように債務整理できるため、トラブルが深刻化しやすい個人間の借金だからこそ早めに第三者に間に入ってもらいましょう。

話し合いはスムーズに行かないかもしれません。
気軽に借りてしまって大問題に発展することが多いのが個人間融資です。

法的な手続きを行える裁判所を通すこと、完済を目指せるように努力をすることで誠意を見せて、自ら作った借金を解消していく努力をしてください。
債務整理でそのきっかけを作れます。

タイトルとURLをコピーしました