任意整理の後にでも住宅ローンは組める?借金完済後に家が欲しい!

任意整理の後にでも住宅ローン

任意整理の後にでも住宅ローンは組めるのでしょうか?

以下では、この点について解説したいと思います。

任意整理は借金完済が現実的になるものの、全くリスクがないわけではありません。
将来自分の家を持ちたいと考えているのであれば、任意整理後にも住宅ローンが組めるのか、そこが心配になってくるでしょう。

債務整理の経験が今後どう影響してくるのか、最初は生活を立て直していくだけで手一杯でしょうが、夢を諦めずに済むのかどうか見ていきましょう。

一定期間経てば審査の弊害がなくなります

任意整理を行ってから住宅ローンを組めるかどうか、審査が通るか通らないかの分かれ目になるのが信用情報機関への掲載と載る期間です。

借金を返済できずに手続きを行ったという事故情報を銀行や消費者金融業者、カード会社などがそれぞれを得ることになり、審査の時点で要注意人物として警戒されます。

ローンを申し込むとその人がどのくらいの収入を得ているのか、どんな仕事をしていて過去に滞納や延滞をしていないかどうか、細かく返済能力をチェックされるのです。
お金を貸しても返してもらえない可能性がある、そんな人物には業者も安心してローンを組ませようとはしないのは当然でしょう。

特に住宅ローンは金額が大きく、何十年もかけて借りたお金を返していかなければならないのですから、当然チェックは厳しくなります。
だからこそ、信用情報機関に事故情報が載っていると審査が落とされやすくなることがわかるはずです。

ただ、この情報が載っているのは5年程度と期間が決まっていて、それを明ければ情報が消されることになります。
つまり、その後であれば任意整理の記録がなくなりますから、住宅ローンに申し込んでも審査が通って無事にローンが組めるようになる可能性が高くなるのです。

住宅ローンを組めるようになるまで、一定期間はたしかに我慢が必要になります。
ですがそれだけで、家を持つという希望自体は捨る必要がありません。

任意整理後5年以内に住宅ローンが組めるケースもある

任意整理後に一定期間経って信用情報機関の情報が抹消されれば住宅ローンが組める、この事実は変わりません。

ですが、絶対に5年経たなければ審査が通らないというわけでもないのです。
あくまでもお金を貸す相手として信用度が下がってしまうというだけで、稀に申し込んで審査が通るケースもあります。
とはいえ、融資額が高いことから厳しい点は否めません。

しかし、収入状況がよく勤務年数が長い、貯蓄もあるなどの安定感が認められれば、事故情報がある状態でローンが組めることもあるのです。

ただ、わざわざリスクの高い任意整理から時間が経っていない期間に住宅ローンを組めるかどうか申し込んでみるのは、あまりメリットがありません。
実は、ローン審査に落ちてしまったことも履歴として残るので、何度も断られるとそのことでさらに業者の警戒心を高めることになってしまいかねないのです。

焦ることはありません。任意整理後に住宅ローンが組める安全な期間に入ってから、改めて申し込みをしましょう。

債務整理をしていない業者にローンを申し込もう

任意整理をした後、完済をして信用情報機関の情報が消されたとしても、一度信用を裏切ってしまった業者に再び借金やローンを申し込むことは得策ではありません。

審査を申し込んだとしても、まず再び取り引きをしようとは思われないでしょう。

ですから、任意整理後に家の購入のため住宅ローンを組めるようにするためにも、審査に落ちる可能性がある整理をした業者への申し込みは避けてください。
過去に取り引きのない新しい銀行に口座を開設、そこにお金を貯めておいて、改めてその口座を利用して住宅ローンを検討する、こうした方法で審査通過率を上げられます。

住宅ローンを払い続けている状態で行う任意整理はどうなるのか

住宅ローンを払い続けている

任意整理後、しばらくすれば住宅ローンを組めるので安心です。

ですが、住宅ローンを支払っている中で任意整理を行ったらどうなるのでしょう。
ひょっとしたらせっかく手に入れたマイホームを手放すことになるかもしれない、そうなってしまったら安易に任意整理ができません。

実は、任意整理のいいところは、債務整理を行う対象を選べるというところにあります。
任意整理を行う対象から住宅ローンを外すことができますので、引き続き住宅ローンを支払い続けながら整理をしたい借金のみを手続きできるのです。

もちろん、支払い途中の家はそのまま残しておくことができます。

まとめ

任意整理をした後もマイホームを手に入れることができますから、まずは目の前の借金を返済することに集中をしてください。

どうしても心配だという場合には、自身の名義ではなく事故情報のない、安定した収入がある他の家族名義で住宅ローンを組むという方法もあります。
少なくとも信用情報機関には一生事故情報が載るわけではありませんし、審査が通りにくくなるのも長い人生を考えればわずかな期間です。

業者に認められる収入、誠実な対応を心がけていれば信用は回復します。
住宅ローンも組めるようになりますので、家を持つ夢を持ち続けましょう。

タイトルとURLをコピーしました