借金が返せなくなる前に!債務整理は早めに弁護士に相談すべき4つの理由

借金が返せなくなる前に

借金で苦しまないために重要なことはなんでしょうか?

それは「借金が返せなくなる前に弁護士に相談すること」です。
(すでに借金が返せない状態であれば、大至急相談した方が良いです。)

ある程度余裕があるうちに借金問題の専門家である弁護士に相談することで債務が膨らみきる前に適切な手段を講じて破綻を未然に回避できます。

追い込まれてどうにもならなくなってからの相談でも借金問題は解決可能ではあるものの、選択できる手段が少なくなるので有利な条件での解決は望めません。

借金に苦しめられている状態で冷静な思考は期待できません。
自分ひとりで問題を抱え込まず早めに専門家の力を借りましょう。

仕事に影響を与えずに借金問題を解決できる

弁護士に借金問題の解決を依頼すると、それだけで大きく変ることがあります。

それは、債権者である貸付業社との交渉窓口が、あなた(債務者本人)から弁護士へと移ることです。

悩ましい督促の電話や手紙もあなたではなく弁護士に届くようになるので厳しい取り立てに悩まされることはなくなります。

代理人が弁護士なのに、あなたに直接取り立て行為を行うのは貸金業法に抵触する違反行為です。
もし、取り立てがあったことを弁護士に伝えればすぐに債権者に連絡して取り立てをストップしてくれます。

貸金業法では債務者の仕事や私生活を妨げるような取り立て行為を禁じています。
職場への督促電話や深夜の取り立てなどが行われることはありません。

しかし、債務整理に必要な話し合いや書類作成などは当然のことながら必要なので仕事と平行して借金問題を解決しよとするとかなりの時間と手間がかかってしまいます。

弁護士に依頼すれば全ての事務手続きを代行してもらえます。
業社との交渉なども代行してくれるので依頼さえしてしまえば後は解決内容に納得の上で必要書類にサインをするだけですべての手続きは完了します。

事務手続きや交渉にかかる時間と手間はバカになりません。
仕事と平行して自力でやろうとするとかなり厳しいスケジュールを強いられますが、弁護士に依頼すれば時間も手間もかからず仕事に集中できます。

早めに相談すれば返済負担を軽減できる可能性大

借金問題でなぜ早めの相談が重要なのか?

それは早い段階で相談するほど返済負担を軽減できる可能性が高くなるからです。

借りたお金は期日までに返済するのが常識です。
しかし、返そうという意志があっても返済に行き詰まってしまうケースもよく見られます。

返済に前向きな人ほど借金問題は自分ひとりの力で解決しようと考えがちですが、そのような人ほど返済不能に追い込まれやすいのは紛れもな事実です。

借金返済というのはあるレベルまでは自分の努力だけで解決可能ですが一定ラインを超えた借金はどんなに頑張ったところで完済できなくなり最終的には破綻してしまいます。
そんな事態に追い込まれてしまえば人生の先行きも真っ暗です。

借金問題解決の有力な方法として「任意整理」という方法があります。
任意整理は債務整理の一種で債権者との交渉により借金を見直し無理のない返済プランを再設定する子とで借金問題を解決します。

任意整理では将来利息のカットによる返済負担軽減が見込めますが債務整理手続き開始前に加算されたいわゆる経過利息に関しては原則返済義務が発生します。
交渉によっては経過利息のカットが認められることもありますがほとんどのケースで認められるのは将来利息のみです。

任意整理が成立しても経過利息には返済義務が発生するのですから、債務整理手続き開始が遅れれば遅れるほど元本以外に返済する金額は増えてしまいます。
経過利息が少ないうちに債務整理を始めるほど返済負担は軽くなるので、借金問題を解決したいなら破たんギリギリまで待たずに早めに弁護士に相談しましょう。

弁護士の力を借りれば大切な資産を手放さずに済む

弁護士の力を借りれば

人によっては借金問題は解決したいが大切な資産は守りたいという人もいることでしょう。

そんなケースでも弁護士は頼もしい存在です。

特に多いのはマイホームだけは手放したくないというケースです。
マイホームを売却せず毎月の収入からの返済で完済できるなら任意整理でOKですが、毎月の収入では返済が追いつかなくてもあきらめる必要はありません。

大切な資産を守りながら借金問題を解決できるのが「個人再生」です。
個人再生では住宅ローンを除く借金が債務整理の対象になります。

つまり借金を整理するためにマイホームを手放す必要が無いので、引き続き自宅を所有し続けながら借金問題を解決することができます。
個人再生が成立すると借金は原則5分の1に減額されるので返済負担は大幅に軽くなり、毎月決められた額をきちんと返済すればマイホームに手をつけることなく借金を完済できます。

マイホーム所有者には嬉しい個人再生ですが、個人再生を成立させるには債権者と交渉し同意を得る必要があります。
債権者は少しでも多くのお金を改修したいと考えているので基本的にはマイホームを売って借金を返済するよう要求してきます。

そんな手強い債権者たちと交渉して個人再生に同意させるのは素人にでは難しく、専門家である弁護士の力を借りなければ個人再生の成立はほぼ不可能です。
借金が膨らみきる前であれば借金の減額幅も少なく、債権者が手続きに同意してくれる可能性も高くなります。

ギリギリまで追い詰められて借金が膨らみきってしまうと弁護士にも手の打ちようがないので、守りたい資産があるなら早期の弁護士相談が必要です。

違法な貸付業社と戦うには専門家の力が不可欠

借金の借入先が非合法な貸付業社、いわゆる闇金である場合は一刻も早く弁護士へ相談してください。

闇金からの借金は通常のキャッシングやローンとは全く事情が異なります。
闇金からの借り入れは法律に基づかない違法な金銭のやりとりであり貸金業法のルールは通用しません。

そもそも闇金は非合法の活動ですから取り立てのルールや法定利息などを守るはずがありません。
わずかな金額を借りたら法外な金利であっという間に借金が膨らみ気がついたら返済不可能な高額の借金の返済を要求されるケースは跡を絶ちません。

非合法な存在である闇金に個人で立ち向かうのはあまりにも無謀です。
弁護士と協力して法律を武器に叩くのが正しい選択であり唯一の方法です。

弁護士に相談すれば警察など各機関と連携して闇金と戦ってくれるので安全面からも早期の相談は必須です。
闇金とズルズル付き合っていると金銭だけでなく精神的にもダメージを受けてしまいます。

闇金の厳しい取り立てにさらされ続けるうちにいつの間にか戦う気力が奪われてしまえばいいカモにされてしまいます。
戦う気力がある早い段階で弁護士に相談するのは自分自身を守るだけでなく新たな被害者を出さないためにもとても意義のある行動です。

頼もしい味方である弁護士とともに借金に立ち向かう

借金問題解決は孤独になりがちです。

人にはなかなか話しづらい内容ですし厳しい言葉を浴びる機会も多いため知らず知らずのうちに人を遠ざけてしまうのが借金問題というものです。

弁護士に相談することで頼もしい味方が増えるのは実務的にも精神的にも大きなメリットです。
弁護士とともに戦うことで気力も湧くようになり、やっかいな借金問題でも解決目指して前向きな気持を維持できます。

早めに相談するほど借金問題解決までの期間は短くなり費用も手間も軽減されます。
ひとりで悩まずほんの少しの勇気を出して弁護士に相談することが借金問題解決への第一歩となるでしょう。

*・*・*・*・*・*・*
債務整理の相談で対応が良かった新宿の弁護士・司法書士15選!
*・*・*・*・*・*・*

タイトルとURLをコピーしました