任意整理とおまとめローン!あなたに合った借金返済の方法は?

任意整理とおまとめローン

「任意整理」と「おまとめローン」は、どちらも借金を返済できない場合に選択される方法です。

この2つは、どちらが優れている、といったものではありません。

借金を返済する人一人ひとりの状況や生活環境、収入などによってどちらが合っているか変わってきます。
そのため、どういったものであるかを知っておくことによって、それを選ぶヒントになります。

また、普段の生活ではなかなか触れることがない内容でもあるので、少しでも不安な点がある場合には、専門家に相談することも大切です。

任意整理とは

任意整理とは、借金が支払えなくなってしまった場合に選択する方法の1つです。

任意整理は、貸金側と交渉することによって、月々の返済額を減らし、支払ができるようにする手続きになります。

任意整理は裁判所を通さずに、借金をした側と貸した側との間で直接交渉を行います。
この交渉では利息を無くしたり、月々の支払金額や分割回数について決めていきます。

任意整理の交渉の中では、支払金額が減額される場合があります。

これは「過払い金」という言葉に関わってきます。
TVのCMなどでも聞いたことがある方が多いかもしれません。

これは、利息制限法と呼ばれる法律で定められた利率よりも高い利率だった場合、払い過ぎた金額が戻ってくるというものになります。

これにより残っている借金が減額されます。
借金の残額以上に支払っていた場合にはその差額が返却されます。

注意点としては、利率が制限以下であった場合には適用されないということがあります。
この減額などは自分で気づき、計算することが難しいため、専門家などに相談するのがおすすめです。

専門家は任意整理に関するプロのようなものですので、確実に行ってくれます。
また、貸金側との交渉も行ってくれるので、より自分の希望に沿った交渉をしてくれます。

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の金融機関からの借金がある場合に、借入先を1つの金融機関に絞ってまとめてしまう方法になります。

金利が複数から借りている場合よりも下がったり、月々の返済額が少なくなる、返済先が1つになり、返済日もまとめることができるといった利点があります。

利用するためには、借入れる金融機関による審査を受ける必要があります。

任意整理とおまとめローンを比較してみよう!

複数の金融機関からの借金

複数の金融機関からの借金があるとしましょう。
その場合において任意整理とおまとめローンを比較してみます。

まず、返済先については任意整理ではそれぞれとの交渉を行います。
そのため、返済先の数は変わりません。

一方、おまとめローンでは、1つの金融機関からの借金になるように一本化を行うため、借入先は1つになります。

利息については、任意整理では基本はゼロになるように交渉を行います。
ですが、貸金側によっては利息をカットしないという場合もあります。

参考サイト:債務整理・過払い金ネット相談室 HP
http://www.shakkinseiri.jp/niniseiriwakai/risokucut.html
(参照日;2019年4月13日)

おまとめローンでは元の状態よりも下がる場合が多いですが、ゼロにはなりません。

債務の総額については、任意整理では利率が制限より高かった場合には、減額される場合があります。
また、利息がゼロとなった場合には、本来返済する際に加わる利息がなくなるため、元々払うはずだった金額よりも少なくなることがあります。

おまとめローンでは、基本的に債務の総額は変わりません。
利率が複数の金融機関から借りていた時よりも下がることにより、払う利息が少なくなることがあります。
ですが、手続きなどにかかる諸費用も払わなければなりません。

信用情報機関への記載についてです。
信用情報機関とは、クレジットやローンを利用する際に金融機関側が借りる側の返済能力などを調べる際に照会するものになります。

これまでの支払情報や滞納情報が記載されます。
ここに記載された情報は5年間記載され続けるため、その間は新たな借り入れやローンの利用などが難しくなります。

任意整理の場合には、この信用情報機関へ支払いができなかったという事故情報が記録されます。
おまとめローンについては、支払えなかったという事故情報は記録されません。
ですが、おまとめローンを利用したということは記録されます。

参考サイト:JICC HP
https://www.jicc.co.jp/whats/about_01/index.html
(参照日;2019年4月13日)

債務額の比較

実際に任意整理とおまとめローンでいくら払うことになるのかを、同じ状況で比較してみます。

A、B、C、Dの4社からそれぞれ50万円、合計200万円借りています。
各社の月々の返済金額はそれぞれ最低15,000円であったとします。
この場合、月々の返済額は60,000円になります。

任意整理の場合には、利息が利息制限法以下であった場合には、借金の合計が200万円なのは変わりません。
ですが、交渉を行うことで利息がゼロになり、支払いも3~5年にすることができます。

利息がゼロの場合には、4社に同額ずつ支払いとすると、3年では月々の返済額は合計約55,000円、5年では約33,000円と利息だけでなく月々の返済額も少なくなります。

また、利息が利息制限法よりも高かった場合には、借金の総額がその分減少しますので、月々の返済額はさらに少なくなります。
おまとめローンの場合には、Z社から新たに200万円借入れ、A、B、C、D社にそれぞれ50万円ずつ返済し、Z社からの借金200万のみの状況になります。

利息や月々の最低返済額はこのZ社の指定するものになります。
利息制限法通りの利息であるとすると、元々の場合は各社10万以上100万未満借入れているため、利息は18%となります。

これが、おまとめローン後は、100万以上の借入となるため、15%になり、利息が減ります。

また、最低返済額が30,000円であった場合、月々支払う金額は30,000円と減少することになります。
ですが、返済までにかかる期間が長くなると、最終的に支払う利息の額が高くなってしまう場合もあるため、利息が減ったからといって支払額が減少するとは限りません。

参考サイト:電子政府の総合窓口 e-Gov
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=329AC0000000100
(参照日;2019年4月13日)

自分に合った方法を選ぶには

支払金額が下がる可能性がある任意整理の方が、高くなってしまう可能性のあるおまとめローンよりいいと思ってしまうかもしれません。

ですが、一概にもそうは言えません。
当然それぞれを選ぶことができる条件を満たしているかわかりません。

また、信用情報機関への記載にも違いがあります。
ここで、自分に合ったものを選ぶための方法として、専門家への相談があります。

専門家は債務整理におけるプロになります。
たくさんの事例を経験していますので自分に合ったものはどれなのかを的確に選んでくれます。

また、任意整理においては相手側との交渉についても行ってくれます。
当然、初めて交渉を行う自分が行うよりも、こちら側の希望に沿った交渉を行ってくれます。

相談にお金がかかったりしてしまうことへの不安もあるかもしれませんが、無料相談もあります。
また、相談相手がわからない場合には、法テラスと呼ばれる場所もあります。

ここでは、問題解決のための手続きや法律、相談相手について無料で案内してもらえます。
プロの専門家に頼るのは恥ずかしい事ではありません。
確実に自分に合ったものを選ぶために、専門家のことも考えてみてください。

参考サイト:法テラス HP
https://www.houterasu.or.jp/index.html
(参照日;2019年4月13日)

まとめ

任意整理とおまとめローンは

任意整理とおまとめローンは、支払金額以外にもメリット・デメリットがあります。

選ぶことができる場合には、なんとなくで選ぶのではなく、知識を持って自分の今の状態では本当に選ぶべきなのはどちらなのかしっかりと考えて選ぶことが大切です。

もし少しでも不安な点があるのなら、自分の力だけで無理やり選ぼうとするのではなく、専門家に相談することも大切です。

 

借金返済の悩み!無料で相談できるおすすめ弁護士&司法書士一覧
土日も無料相談に対応している”おすすめの弁護士&司法書士事務所”の一覧です。債務整理において弁護士と司法書士、どちらを選ぶべきかも考察してみました。他にも、ブラックリストに関する情報や無料相談の豆知識など、借金問題の解決にまつわる”気になること”をまとめています。

 

ペンネーム:まえちゃん1026
年齢:27
性別:男
プロフィール:ライター歴半年です。
ネットなどの記事を調べてのまとめを得意としています。
法律関係は大学で学んだ程度で初心者なので、初心者の自分が読んでもわかりやすいような記事となるように書いています。
タイトルとURLをコピーしました