任意整理をアディーレで頼むには?気になる費用と任意整理に必要な物

任意整理をアディーレ

ペンネーム:なぎ
年齢:37
性別:女
プロフィール:いろんなことに興味がある在宅ライター。面白いネタはもちろん、日常のちょっとしたことやいざという時に役立つ情報を発信していきます。


 

テレビCMなどでも有名で、任意整理についても専門家が集まっている「アディーレ法律事務所」にスポットを当てていきます。

ピンポイントで紹介することで、気になる費用についても目安がわかりやすくなりますよ。

アディーレ法律事務所の任意整理にかかる費用

任意整理をアディーレ法律事務所に依頼する際、一番に気になるのはどのくらいの費用が掛かるのかですよね。

借金の返済に困っているから任意整理を考えているのに、弁護士費用がべらぼうにかかる。なんて言われてしまえば本末転倒です。

では実際に、任意整理を依頼する際の費用の目安について見ていきましょう。
以下の費用はすべて金融業者1社に対する費用です。

着手金

43,200円
(過払い金が発生する場合、1件につき10,800円)

成功報酬

・債務額、または利息の減額、免除ができた場合:解決報酬金(10,800円)+減額、免除できた金額の10.8%

・債務額の減額、免除ができ交渉によって過払い金返還が発生した場合:解決報酬金(10,800円)+減額、免除できた金額の10.8%+過払い金返金額の21.6%

・債務額の減額、免除ができ裁判によって過払い金返還が発生した場合:解決報酬金(10,800円)+減額、免除できた金額の10.8%+過払い金返還額の27%

任意整理の費用に関しては上記のようになります。

最初にきちんと明記されている分、依頼をしやすくなりそうですね。
ただ上記で紹介している費用は、あくまでも一般的な金融業者からの借金を任意整理する場合です。
商工ローンや闇金融、不動産担保ローンやすでに裁判を起こされている場合は、別途費用が変わってくるので直接問い合わせてみましょう。

またアディーレ法律事務所では、任意整理の費用支払いを4回まで分割払いができるようになっています。

任意整理にかかる費用の例

アディーレ法律事務所に依頼した場合の費用はきちんと記載されていましたね。

ただ、文章で読むだけではあまりピンとこない物でもあります。
なのでここからは、実際の数字に置き換えてみていきましょう。

借金総額300万円で1社から借り入れがあったが、金利のカットなどで総額が200万円まで減少。
過払い金が返ってこない、または過払い金が50万円返ってきた場合で見ていきます。

債務額、利息の減額または免除ができた場合の例

43,200(着手金)+10,800(解決報酬金)+1,000,000(債務、利息の減額分)×10.8%=162,000円
法律事務所に支払う費用は162,000円になります。

債務額、利息の減額または免除ができ、交渉によって50万円の過払い金返還が発生した場合の例

54,000(着手金+過払い金請求費用)+10,800(解決報酬金)+(1,000,000(債務、利息の減額分)×10.8%)+(500,000(過払い金返還額)×21.6%)=280,800円
法律事務所に支払う費用は280,800円になります。

債務額、利息の減額または免除ができ、裁判によって50万円の過払い金返還が発生した場合の例

54,000(着手金+過払い金請求費用)+10,800(解決報酬金)+(1,000,000(債務、利息の減額分)×10.8%)+(500,000(過払い金返還額)×27%)=307,800円
法律事務所に支払う費用は307,800円になります。

過払い金が発生すると嬉しい反面、支払う費用も上がるといった感じですね。
着手金に含まれる過払い金については、任意整理を始める前に過払い金があるかどうかの無料診断があります。このあたりもしっかりと活用していきましょう。

アディーレ法律事務所で任意整理をする際に必要な物

・身分証明書
・債権者一覧表、借入時の契約書等
・借入先のクレジットカード
・印鑑(シャチハタ以外)

身分証明書、印鑑に関しては必須ですが、契約書類やクレジットカードに関しては紛失していても大丈夫。
あった方が話がスムーズなことは確かですが、契約書がないと依頼できないなんてことはありませんよ。
また債権者一覧表に関しては、アディーレ公式HPから用紙をダウンロードできます。
自分で書くときでも様式として使えるので、一度のぞいてみるのもおすすめです。

また任意整理をするにあたって現金以外の財産を持っていたり、借入先に闇金が含まれている場合には別途必要なものが出てきます。

不動産など現金以外の財産

・不動産の登記謄本(最新版)
・解約払戻金のための生命保険証
・退職金制度がある職場の場合は予想退職金額

借入先に闇金が含まれる場合

・ヤミ金融取引状況申告書(アディーレ公式HPよりダウンロード)

自分の任意整理の際に、必要なものを確認して持参してくださいね。

まとめ

今回は任意整理を依頼

今回は任意整理を依頼する際の、アディーレ法律事務所に支払う費用など見てきました。

普段接することがない分、どうしても弁護士や法律家にかかる費用は高くなると考えてしまいますよね。

しかし、日々の生活を借金で圧迫されながら過ごしていくのではなく、根本から何とかしようと考えるのならプロの手を借りるのが一番です。
難しい上限利息の計算や、金融業者との交渉を素人がしようとしても難しいもの。

餅は餅屋という言葉もあります、一人で悩んでいるよりも任意整理を考えてみてはいかがでしょうか。

アディーレ法律事務所では着手金を支払うのが難しい場合は、その時出せるだけの費用でも大丈夫。
成功報酬と一緒の支払いも受け付けてくれるので、無料相談から挑戦してみるのもおすすめですよ。

借金返済の悩み!無料で相談できるおすすめ弁護士&司法書士一覧
土日も無料相談に対応している”おすすめの弁護士&司法書士事務所”の一覧です。債務整理において弁護士と司法書士、どちらを選ぶべきかも考察してみました。他にも、ブラックリストに関する情報や無料相談の豆知識など、借金問題の解決にまつわる”気になること”をまとめています。

 

タイトルとURLをコピーしました