借金返済の裏技を伝授!今からどうすれば良い?ベストな方法はコレだ

借金返済の裏技を伝授

借金返済の裏技を伝授します。

あなたは今からどうすれば、
借金返済の苦労から逃れることができるのでしょうか?

この記事を読むことで、その答えが見つかります。

最初に申し上げます。

債務整理には、今まであなたが優先してきた事の逆転の発想が必要です。
本日、今から、優先順位をこれから申し上げる順位でやっていただきたいのです。

借金返済の裏技とは、簡単に言うと「なるべく払わないこと」だと思って下さい。

では、参りましょう。

1.生活費の確保

最優先は生活費を確保することです。

生活費を切り詰めて返済に充てることを、今すぐに止めて下さい。
何も贅沢をしょうというのではありませんが、普通の健康的な生活を営むことのできる金額を確保するということです。

食生活は、栄養のバランスを考えて、3度の食事をちゃんととって下さい。
衣服も質素であっても、寒暖に適した服装をして下さい。

2.次に、優先するのは「光熱費」

電気・ガス・水道料金ですね。
これらは、滞納をしてしまうと止められてしまいます。
基本的には、分割なども交渉できませんから、裏技は使えません。

3.電話代、通信費、交通費、これは、光熱費に次ぐ優先順位

電話代には携帯電話も含まれます。

通信費とは、パソコンなどを活用して収入につなげているもの、あなたの収入源を確保するために最低限必要だと考えるからです。

交通費は、車など通勤に必要であったり、営業上必要なものです。
これにも裏技がありませんので優先順位が高いのです。

4.次に優先する支払先を決定します

健康保険・税金など「公的支払」先です。

但し、間違ってはいけないのは、必ず全額を支払うということではありません。
これまで、上記で述べたものは、滞納すると止められたりしてすぐに支障がでます。

それらを優先すると、支払いが困難なようでしたら、支払える範囲でしか支払わないで下さい。

でも、必ず放置せずに市役所などに定期的に相談をして下さい。
払える時には例え少しでも支払うのですが、決して無理はしないで下さい。

公的なものは、例え千円でも支払えば受けとらなければならない事になっています。
「少ないから、これではダメです」と拒否することはできないのです。
少しでも支払えば、「支払う意思がある」ということになり、滅多な事はしません。

差押えはなどはしないということです。
「放置しない」が裏技と思って下さい。

どうしても支払えない場合は、「納税の猶予」などの種々申請をすることになりますが、詳細は今後必要に応じて申し上げます。
現時点では、方法はあるということだけ覚えておいて下さい。

5.個人的に借りている他人への返済

できるだけ借りない方が良いです。

なぜなら、全額借金返済しても義理が残るからです。
(相手の「困った時に助けてやった」という気持ちは生涯消せない)
家族、兄弟、親戚も、借りないで下さい。

もしも、すでに借りている場合は、実情を正直に話して待ってもらって下さい。
借金返済では優先順位は高いですが、絶対に無理はしないで下さい。

6. 借金返済では、金融機関は優先順位は最後の最後

絶対に無理して支払わない。

最もいけないのは借金して返済すること。
相手は商売で金貸しをしているのです。

商売なら損することがあって当然なのです。

「借りたものは返さなければならない」は、金融機関に対しては今日から止めて下さい。
返せなくなったら、1円も支払わないことです。

金融機関は国に守られているのです。(私たちの税金で)
ですから、遠慮は無用なのです。
あなたが、借金返済をしなくても誰も困らないし、自殺する人も出ません。

7. 弁護士は借金返済の裏技に関してはど素人

借金返済をゼロにすれば

あなたが事業者で、借金返済をゼロにすれば生活できるのならば、借金返済をストップして下さい。

弁護士などは、簡単に「自己破産」をすすめますが、事業を継続しながら債務整理することは充分可能です。
弁護士は、法律は専門ですが、「借金返済の裏技」は、ど素人同然な人が多いです。

もし、弁護士や司法書士に相談するなら、債務整理に力を入れている事務所事務所に相談することが絶対に大切です。

→ 借金整理に力を入れている弁護士&司法書士はこちら

「借金返済の裏技」と言っても、何も違法な事をやろうというのではありません。
合法的な債務整理の方法はたくさんあります。

破産は最後の最後という事ですが、私の経験上では殆ど「破産」が必要なことはありませんでした。
借金返済をしなくとも、生活費を稼ぐことすら無理なら、その事業は継続する意味はありませんから、早々に止めて他の収入手段を講ずべきです。

私たちは、どんなに借金を抱えていても、どんなに税金を滞納していても、健康で文化的な生活をする権利があるのです。(憲法25条)

払えるのに払わない(資産隠しや怠慢など)のは、非難されるべきですが、払いたいのに払えないのは、何の罪にもあたりません。

返済できない人は、普通の生活をしてはいけないのでしょうか。

いいえ、そのような事は決してありません。

借金は、金銭の貸借関係で普通によくある契約商行為なのです。
様々な出来事や事情の変化などにより、借金返済が困難な状態になることは、どんな契約先であっても当初より想定内の事です。

従って例えそうなった場合であっても、必ず再起の機会は与えられるべきなのです。
法もそのことを想定しているので、債務整理できるように法律は整備されています。

今回の優先順位に、「住居」が含まれていないと思われたかも知れません。
もちろん衣食住と言われる位ですから、住居はとても重要な事項です。

しかし、住宅ローンにしても、すでに完済している自分の資産としての住居でも、これを守っていく事は、それぞれの条件によっても異なります。

住居に関しては、これだけで数ページに及ぶことにもなりますので、別の機会に特集として組もうと思っています。
これには、「借金返済の裏技」がたくさん存在しています。

それでは、今回はこの辺で失礼します。
頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました